くりかえしみる夢

卒業式の日 学生喫茶で仲間達と群れておしゃべりをしていた。
その中にあの人もいて そして一足先に立ち去っていったの。

もう会えないんだね…。
背中が見えなくなるまでずうっと見送ったよ。
本当は叫びたかった 追い掛けて何か伝えたかった。でも仲間達の手前 私は平静を装ったままその場をやり過ごした。

その時の彼の心のなかがぐちゃぐちゃだったことは 後から知ったこと。もちろん私に関することではないけれど。
辛かったね…。

私はあなたの彼女に1日でもいいからなってみたかったな。

今の私の心が不安で 呼吸が苦しくなる位不安で どうにかなってしまいそうだから きっとそんな切ない夢観るんだと思います。

結果的にあれが最後でなかった。
今のような戦友になるとはあの時には想像もつかなかったこと…


02/11 09:30

この記事を 編集・削除

[公開] [カテゴリ未設定]

コメント(0件)

まだありません

※コメント書き込みは制限されています

トラックバック(0件)

まだありません


Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

マリリン

Category

Search

rss
rss2

QRコード